2016年03月25日 学術論文の紹介-04 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #アカネズミ #精子形成

TITLE of THESIS

Effects of environmental radiation on testes and spermatogenesis in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus) from Fukushima.
BRIEF
本論文は「福島のアカネズミ(Apodemus speciosus)の精巣と精子形成に対する環境放射能の影響」に関する論文です。著者らは「2011年3月の東日本大震災後に発生した福島第一原子力発電所事故は環境中に大量の放射性核種を放出した」、「生物相への放射性セシウムの長期的影響は特に懸念されている」と背景を説明されて、「アカネズミにおける福島第一原子力発電所事故由来の放射性セシウムの蓄積および雄の生殖器に対する環境中放射性核種の慢性的影響」について調査されています。「2013年と2014年に福島県の2地点および福島から離れたコントロールサイト2地点でアカネズミを採集」、「福島のアカネズミ中のセシウム134とセシウム137の濃度の中央値は1キログラム4000ベクレルを超えていたが、採集地点間のアポトーシス頻度や形態学的異常精子の頻度に有意な差は確認されなかった」等を報告されて、「それ故2013年から2014年の福島で放射線は雄の不妊症の原因とはなっておらず、実験サイトにおける放射性核種汚染レベルは福島のアカネズミの精子形成に対して悪影響ではない」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Okano T, Ishiniwa H, Onuma M, Shindo J, Yokohata Y, Tamaoki M.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27005329

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移