2016年03月23日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #保健師

TITLE of THESIS

Health Literacy Training for Public Health Nurses in Fukushima: A Multi-site Program Evaluation.
BRIEF
本論文は「福島県の保健師のヘルスリテラシートレーニング」に関する論文です。著者らは「保健師は日本における地域住民の健康の情報やサービスへのアクセスポイントである」、「福島第一原子力発電所事故後、地域の要求により良く応えるための放射線関連健康情報の伝達に際して困難に直面した」と背景を説明されて、「保健師が明文化された健康情報への地域住民のアクセスを改良するための能力向上を目的とした単一サイトのヘルスリテラシートレーニングプログラムの結果を過去に開発し評価」、「複数のサイトのデータを用いた同一トレーニングプログラムの評価を、加えて災害後のヘルスリテラシートレーニングのインパクトを実証する評価を提示」、「主として保健師の経験を持つ計64人の被験者が福島の複数の場所で行われた3つのマルチセッションヘルスリテラシーワークショップの1つに参加」、「保健師のトレーニングに対する満足度、トレーニングゴールに対する達成度の自己評価および学んだスキルの応用に対する量的及び質的データを収集し分析」、「それぞれのワークショップはヘルスリテラシーと評価ツールの紹介および文書改善のためのスキル開発を紹介する2時間のセッションからなり、その後保健師が身につけてたスキルの現場での応用に関する1ヶ月のフォローアップ評価が行われた」その結果、「ワークショップの適切性と有用性に対するトレーニング後の評価は高く評価された」、「1ヶ月のフォローアップの最後では、参加者の45パーセントが文章の評価と改訂に自信を得て、様々な状況やモードにおける健康情報の開発や情報交換のための彼らが獲得したスキルを応用していた」、「この自信の向上は獲得したスキルの地方公共団体レベルでのさらなる応用と関連していた」、「しかしながらリスクの説明の困難さ、そして専門用語を平易な言葉に言い換えるスキルを学ぶ必要性を参加者は報告している」、「保健師のヘルスリテラシートレーニングの前向きな結果を本研究は強調した」等を報告されて、「平易な言葉を用いるスキルを強化する、そしてリスクの疫学的概念を伝達する実際的戦略もまた推奨される」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Goto A, Lai AY, Rudd RE.
URL
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26870621

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移