2016年03月17日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #杉 #セシウム #移行係数

TITLE

Radiocesium distribution and fluxes in the typical Cryptomeria japonica forest at the late stage after the accident at Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant.
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後の後期におけるスギ森林中の放射性セシウム分布と流動」に関する論文です。著者らは「代表的なスギ森林生態系における福島第一原子力発電所事故由来の放射性セシウムの分布」を調査されています。「福島第一原子力発電所事故から4年が経過し、 放射性セシウム総インベントリのおよそ74パーセントが土壌中に、20パーセントが落葉中に、そして6パーセントのみが地上のバイオマスに関連している」、「初期に樹冠に沈着した放射性セシウムの殆どが既に地表へと移行している」、「樹冠からの放射性セシウムの移行におけるプロセスの重要度は落葉>林内雨≫樹幹流の順で低下する」、「樹木部位では放射性セシウム最高濃度(およそ46パーセント)が古い葉で確認されることは、樹冠から初期沈着が移行するプロセスは未だ完了していないことを示唆している」、「土壌と樹木の移行係数は1.1/10^3(m^2/kg.乾燥重量)で、その他の針葉樹向けのIAEA勧告の移行係数の幾何平均に近い」、「様々な土壌条件下におけるこのパラメーターの変化を調査するために福島の森林の更なる研究が必要である」、「初期沈着の残留物の存在によりエコシステムにおける放射性セシウム年間流動の正確な値が得られない」、「安全側の推定に基づけば、流動のレンジは推定できる」等を報告されて、「エコシステムにおける放射性セシウム濃度のパーセントに一致して生体循環に関与する可能性を流動の構造分析は示す」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Yoschenko V, Takase T, Konoplev A, Nanba K, Onda Y, Kivva S, Zheleznyak M, Sato N, Keitoku K.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26948679

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移