2016年03月15日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #セシウム #ヨウ素

TITLE

Predictability of the dispersion of Fukushima-derived radionuclides and their homogenization in the atmosphere.
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種の拡散予測と大気中における均一性」に関する論文です。「大気中での大気汚染物質の拡散の長距離シミュレーションは地球科学における最も困難な作業の一つである」、「リスクマネジメントおよび決定サポートにおける正確かつ迅速な数値モデルの応用は生命を救助し、事故による放出の結果を低減させることが可能である」、「福島第一原子力発電所事故は原子力技術および産業において近年最も重大な事故である」と背景を説明されて、「全球スケールのラグランジュ型粒子モデルによる福島第一原子力発電所事故由来のヨウ素131とセシウム137の拡散数値シミュレーション結果」を報告されています。「北半球全体の182のモニタリングステーションから得られた計測データとともに2つの放出シナリオによる濃度と到達時間を比較」、「大気中の同位体の均一性も調査」された結果、「ヨウ素131のケースではピーク濃度は1桁の精度で予測され全体的に過小評価を示したがセシウム137では示されなかった」、「熱帯プルームと北極圏プルーム、そしてアメリカとヨーロッパの中緯度地方の初期検出は全体的によく予測できたが地域的スケールの混合はモデルでは捉えられなかった]等を報告されて、「今回の調査は自由大気乱流のパラメータ化の重要性を強調した」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Mészáros R, Leelőssy Á, Kovács T, Lagzi I.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26817513

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移