2016年01月30日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #EURADOS #ヨウ素131 #ヨウ素132 #テルル132 #セシウム134 #セシウム137

TITLE
『LESSONS LEARNED FROM THE EURADOS SURVEY ON INDIVIDUAL MONITORING DATA AND INTERNAL DOSE ASSESSMENTS OF FOREIGNERS EXPOSED IN JAPAN FOLLOWING THE FUKUSHIMA DAIICHI NPP ACCIDENT.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後に日本で被曝した外国人の個人観察データと内部線量評価に関するEURADOSによる調査からの教訓」に関する論文です。著者らは「社団法人European Radiation Dosimetry Group(EURADOS e.V. , http://www.eurados.org/ )による個人モニタリングデータと線量評価に関する調査が、福島第一原子力発電所事故の結果として放射性核種(主としてヨウ素131、ヨウ素132、テルル132、セシウム134およびセシウム137)を摂取し日本で被曝した後帰郷した550人の外国人に対して行われた」、「イン・ビボおよびイン・ビトロでの計測が事故後初期の段階においてそれぞれの国で行われた」と背景を説明されて、「放射性核種の摂取がヨーロッパとカナダの208人から確認されたが、50年間の預託実効線量は全てのケースにおいて公衆向け年間線量基準値(1ミリシーベルト未満)を下回っていた」と報告され、「今回のEURADOSの調査からの教訓として内部線量問題だけではなく緊急事態でのマネジメント、放射線による健康被害のリスク認知そしてモニタリングデータと線量評価に対する不安と不審を示す被曝者とのコミュニケーションについてもここに示す」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Lopez MA, Fojtik P, Franck D, Osko J, Gerstmann U, Scholl C, Lebacq AL, Breustedt B, Del Risco Norrlid L.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26705360

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移