2016年01月26日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #飯舘村 #実効線量 #帰郷

TITLE
『External effective radiation dose to workers in the restricted area of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant during the third year after the Great East Japan Earthquake.』
BRIEF
本論文は「東日本大震災から3年後の福島第一原子力発電所事故による制限区域で従事する作業員の外部実効線量」に関する論文です。著者らは「2011年3月11日の東日本大震災以降、飯舘村は計画的避難区域-年間追加実効線量が20ミリシーベルト超と推定される区域-に指定されている」、「幾つかの企業は内閣府の被災者生活支援チームから特別の許可を得て飯舘村で事業を継続している」と背景を説明されて、「2013年1月15日から12月13日にかけて飯舘村の作業員の年間実効線量を測定」されています。「作業員は就業日に10時間飯舘村に滞在し、残りの14時間を飯舘村外で過ごす」、「飯舘村で1週間のうち5日従事し、残りの2日は飯舘村外で過ごす」、「作業員の70パーセントの実効線量は-自然放射線を含み-2ミリシーベルト未満であり、最大線量は3.6ミリシーベルトであった」等を報告されて、「人々が飯舘村に完全に戻った場合の潜在的な年間追加実効線量を推定」されて、「我々の分析は2017年末に避難者が帰郷するための計画をサポートする」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Sakumi A, Miyagawa R, Tamari Y, Nawa K, Sakura O, Nakagawa K.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26661855

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移