2016年01月14日 世界各国公的機関のプレスリリース紹介とテキストマイニング 対象:オーストラリア統計局

  1. Title: 『

    Strong trend growth in Australia’s employment continues

    Source: Australian Bureau of Statistics
  2. オーストラリア統計局は雇用の成長傾向が継続していることを報告した。

    『2014年12月と比較して2015年12月は約312,000人多く雇用されたことを傾向が示している。フルタイムの雇用の前年比はパートタイムのそれよりも強く、186,000人増加した』とオーストラリア統計局のジェネラルマネージャー、Bruce Hockman氏は述べた。

    雇用の伸びは就業率を1年間で60.6パーセントから61.4パーセントへと押上げ、失業率は6.2パーセントから5.8パーセントへと低下させた。

    雇用のトレンド値は前月より27,500人増加し11,893,800人に達し、前月比はプラス0.23パーセントを記録した。この成長率は過去20年間の月平均(0.15パーセント)を超えており、2014年12月以来見られる強い雇用の伸びが続いている。

    トレンド系列は変動しやすい季節調整をよりスムースにし労働市場の基調を計るベストな指標である。

    2015年12月の季節調整失業率は5.8パーセント(マイナス0.1パーセントポイント)、労働参加率は65.1パーセント(マイナス0.1パーセントポイント)。

    2015年12月の季節調整雇用者数はほぼ変化なし、失業者数は10,900人減少。

    オーストラリア統計局の季節調整月次全産業労働時間はほぼ変わらず1,645.2百万時間。


    Text Mining

    Reference
    https://rstudio-pubs-static.s3.amazonaws.com/31867_8236987cf0a8444e962ccd2aec46d9c3.html
    http://datacube.wu.ac.at/