2015年12月07日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #キノコ #川内村 #放射性セシウム #預託実効線量

TITLE
『Radiocesium concentrations in wild mushrooms collected in Kawauchi Village after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後に川内村で採集された野生キノコの放射性セシウム濃度」に関する論文です。「1986年のチェルノブイリ事故以来、野生キノコに放射性セシウムが蓄積する傾向はよく知られている」と背景を説明されて、「福島第一原子力発電所から30キロメートル内に位置する福島県川内村の野生キノコを採集し、地元住民の内部被曝リスク評価のために放射性セシウム濃度を評価」されています。その結果、「野生キノコ154本中81.2パーセントに当たる125本に1キログラム100ベクレルを超える放射性セシウムが確認された」、「日本人の平均摂取量に基づいた預託実効線量は0.11から1.60ミリシーベルトの範囲にあった」等を報告されて、「地元住民が汚染された食物を数回摂取したとしても預託実効線量は限られているけれども、食品、水そして土壌の放射性セシウム測定の結果に基づく包括的リスクコミュニケーションが原子力事故後の福島の回復のためには必要であると信じる」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Nakashima K, Orita M, Fukuda N, Taira Y, Hayashida N, Matsuda N, Takamura N.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26623189

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移