2015年11月26日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #フランス #ポーランド #ベラルーシ #Dシャトル #高校生

TITLE
『Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus — the “D-shuttle” project –』
BRIEF
本論文は「日本、フランス、ポーランドおよびベラルーシに住む高校生の個人外部被ばく線量の測定と比較–D-シャトルプロジェクト–」に関する論文です。著者らは「2014年、日本の12の高校(うち6校は福島県)、フランスの4校、ポーランドの8校そしてベラルーシの2校が協力して個人外部被ばく線量の測定とその比較」、「高校生と教師合計で216人が参加」、「2週間に渡り個人線量計D-シャトルを身につけたうえで、所在と行動を記録」された結果、「福島県とベラルーシで現在居住が認められている区域の個人外部被ばく線量を示すそれぞれの地域の推定年間外部被ばく線量分布は、充分にその他の地域、国のバックグラウンドレベルによる推定年間線量の範囲内である」と報告されています。
AUTHOR(S)
N. Adachi, V. Adamovitch, Y. Adjovi, K. Aida, H. Akamatsu, S. Akiyama, A. Akli, A. Ando, T. Andrault, H. Antonietti, S. Anzai, G. Arkoun, C. Avenoso, D. Ayrault, M. Banasiewicz, M. Banaśkiewicz, L. Bernandini, E. Bernard, E. Berthet, M. Blanchard, D. Boreyko, K. Boros, S. Charron, P. Cornette, K. Czerkas, M. Dameron, I. Date, M. De Pontbriand, F. Demangeau, Ł. Dobaczewski, L. Dobrzyński, A. Ducouret, M. Dziedzic, A. Ecalle, V. Edon, K. Endo, T. Endo, Y. Endo, D. Etryk, M. Fabiszewska, S. Fang, D. Fauchier, F. Felici, Y. Fujiwara, C. Gardais, W. Gaul, L. Guérin, R. Hakoda, I. Hamamatsu, K. Handa, H. Haneda, T. Hara, M. Hashimoto, T. Hashimoto, K. Hashimoto, D. Hata, M. Hattori, R. Hayano, R. Hayashi, H. Higasi, M. Hiruta, A. Honda, Y. Horikawa, H. Horiuchi, Y. Hozumi, et al. (168 additional authors not shown)
URL
http://arxiv.org/abs/1506.06364v3

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移