2015年11月18日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #鳥類

TITLE
『Radiological dose reconstruction for birds reconciles outcomes of Fukushima with knowledge of dose-effect relationships.』
BRIEF
本論文は『線量と影響の関係に関する知見と鳥類に対する放射線線量の再構築による福島の結果の調整』に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故で影響を受けた北西50キロメートル地域の300地点の鳥類の放射線線量を2011年から2014年にかけて計測」されて、その結果、「調査地点の空間線量率(1時間あたり0.16から31マイクログレイ)を各々の種の成鳥の線量率(1時間あたり0.3から97マイクログレイ)として再構築した結果、総線量の増加および福島の鳥全体の個体数減少を確認した」、「この関係は鳥の生理学的機能異常を誘発する論文中の被爆レベルと矛盾はない」、「観測した鳥類群集を構成する57種の90パーセントは繁殖成功に影響すると思われる線量率に慢性的に被爆していた可能性がある」、「被爆地域において事故後4年間に渡って、対数変換総線量上昇当り、総個体数の22.6パーセントの死亡と定量化」、「2011年から2014年にかけて対象地域の鳥類総数の50パーセントが総線量0.55グレイにより減少したと推定」、「データは総線量と種の多様性との間の有意な正の相関も示唆している」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Garnier-Laplace J, Beaugelin-Seiller K, Della-Vedova C, Métivier JM1, Ritz C, Mousseau TA, Pape Møller A.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26567770

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移