2015年10月31日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #強迫性障害 #オキシトシン #ロマンティック・アタッチメント

TITLE
『Plasma Oxytocin Levels in Untreated Adult Obsessive-Compulsive Disorder Patients.』
BRIEF
本論文は「成人の強迫性障害患者の血漿オキシトシン」に関する論文です。著者らは「強迫性障害の病態生理学におけるオキシトシンの役割に関する情報が少ないため、44人の強迫性障害外来患者グループ及び同様の健康なコントロール群の血漿オキシトシンを比較、評価」、「同時にオキシトシン、臨床兆候およびロマンティック・アタッチメントの間の関係も同様に調査」されています。「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV-TR)により診断を、そして強迫性障害の重症度はエール・ブラウン強迫観念・行為尺度により測定」、「全ての患者は麻薬に手を染めておらず鬱状態でもない」、「親密な対人関係体験尺度のイタリア版によりロマンティック・アタッチメントを評価」、「血漿オキシトシンは放射免疫検定法により評価」された結果、「オキシトシンのレベルは健康なコントロール群と比較すると強迫性障害患者の間で増加が確認され、 症状の重症度とは負の相関が確認された」、「オキシトシンのレベルとロマンティック・アタッチメントの怖れ・回避そして拒絶型の間に-男性の強迫性障害患者のみで-正の相関が確認された」、「総合すると、オキシトシンは強迫性障害の病態生理学において影響があり、また性別選択的にロマンティック・アタッチメントにも影響があることを示唆している」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Marazziti D, Baroni S, Giannaccini G, Catena-Dell”Osso M, Piccinni A, Massimetti G, Dell”Osso L.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26509891

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移