動画『中央アジア・コーカサス地方のための方策』の直訳(動画ソース:国際通貨基金)

Video Title:『The Way Forward for the Caucasus and Central Asia』
Video Source:International Monetary Fund ( http://www.imf.org/external/ )


直訳
・ここ数年そして2015年において中央アジア・コーカサス地方はいくつもの外部要因に影響を受けた。
・この影響はしばらくの間続く可能性がある。
・石油価格は2014年半ばから約50%に落ち込み、メタルやガスの価格も下落している。
・重要な輸出相手であり、主たる送金、外資直接投資元であるロシアは今年ルーブルの40%以上の下落と共に急激に縮小している。
・ロシアへの輸出とロシアからの送金に依存している中央アジア・コーカサス地方にとって痛手となった。
・今年中国の成長は減速し、金融の混乱はコモディティ価格と輸出のさらなる下落、落ち込みリスクを浮かび上がらせ、中央アジア・コーカサス地方の市場心理を弱気にさせた。
・結果として成長は鈍化し、対外収支は悪化した。
・さらに多くの国はロシアから帰還する何十万人もの労働者の受け入れに直面している。
・対米ドルでの通貨安はそれら影響を和らげるが、しかし同時に高度に米ドル化している金融セクターに大きな引き締めを強いるかもしれない。
・為政者は支出増大によって成長を支持するかもしれない。
・しかしそれらは中期的に持続可能なものでなければならない。
・柔軟な為替レートもショックを和らげる。しかし金融を安定化させるための改革と同時でなければならない。
・成長の加速と構造改革の強化は帰還者と労働市場への新規参入者双方のための雇用を創出する。
・それには困難な時間が伴う。
・正しい政策は中央アジア・コーカサス地方の人々により良い未来への機会をもたらす。


2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移