2015年10月23日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #WSPEEDI-Ⅱ #放射性プルーム #湿性沈着

TITLE
『Numerical reconstruction of high dose rate zones due to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故による高線量率区域の定量的再構築」に関する論文です。著者らは「2011年3月の福島第一原子力発電所事故時、いかに高線量率区域が形成されていったかを理解するために、3月15日から17日にかけての放射性核種大気拡散を、世界版緊急時環境線量情報予測システム第2版(WSPEEDI-II)を利用して再現」されています。「限られた環境測定データの下、放出率、線量マップおよびプルームの動態に関するベストな推定を得るために、同システムによる気象学的、放射線学的予測の正確性を向上させた」、「福島内の現在の高線量率区域の大部分は、3月15日の放射性核種の主要な放出による放射性核種地表沈着シミュレーションにより説明できる」、「シミュレーションにより福島第一原子力発電所北西の最高線量率区域は午後に掛けて放出された放射性核種の多量沈着により再現された」、「それら結果は2つの環境要因-降雨と地形-が放射性核種の地表沈着の空間的パターンに強く影響することを示唆している」、「降雨による湿性沈着は特に高線量率区域の広くかつ不均一な分布の形成に重要な役目を演じた」等を報告されて、「さらにシミュレーションは谷に沿って風下方向に移行する放射性プルームが、複雑な地形の中で地表沈着多量地域を拡大する様子も示した」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Katata G, Terada H, Nagai H, Chino M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21986338

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移