2015年10月22日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #福岡 #セシウム #ヨウ素

TITLE
『Atmospheric radionuclides transported to Fukuoka, Japan remote from the Fukushima Dai-ichi nuclear power complex following the nuclear accident.』
BRIEF

本論文は「福島第一原子力発電所から遠方に位置する福岡に移行した原子力事故由来の放射性核種」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所から西に1000キロメートル離れた福岡で原子力事故由来の放射性核種が確認された」、「最初にヨウ素131が事故後3日目に確認されたことは、世界的な大気循環ではなく局所的な気象状況により拡散して移行してきた可能性を示唆している」、「最大濃度は2011年4月6日にヨウ素131が1立方メートル当たり5.07ミリベクレル、セシウム134は4.04ミリベクレル、そしてセシウム137は4.12ミリベクレルを記録した」、「しかしそれら濃度レベルは2011年4月26日までに検出限界値以下に低下した」、「総ヨウ素131の30%から67%がガス状ヨウ素131」等を報告されて、「福岡において吸入による線量上昇は無視できる」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Momoshima N, Sugihara S, Ichikawa R, Yokoyama H.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21962481

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移