2015年10月22日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #Jヴィレッジ #ヨウ素131 #セシウム134 #セシウム136 #セシウム137 #テルル129m #ニオブ95 #銀110m #ランタン140

TITLE
『Specific activity and activity ratios of radionuclides in soil collected about 20 km from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant: Radionuclide release to the south and southwest.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所から約20キロメートルの地点で採集した土壌中の放射性核種の比放射能と放射能比」に関する論文です。著者らは「比放射能と放射能比測定のために福島第一原子力発電所の南約20キロメートルに位置するJヴィレッジで異なる深度の土壌サンプルを採集」されてその結果、「ヨウ素131、セシウム134、セシウム136、セシウム137そしてテルル129mの濃度および放射能比が確認され、正確な濃度が測定できないほど微量のニオブ95、銀110mそしてランタン140が確認された」、「チェルノブイリ原子力事故の放射性降下物として確認されたジルコニウム95、ルテニウム103,ルテニウム106およびバリウム140は、今回の土壌サンプル中に確認されなかった」、「それら結果は主として貴ガスと揮発性放射性核種が福島第一原子力発電所から陸上環境中に放出されたことを示唆している」、「2011年4月20日および28日に採集した深度0から2センチメートル土壌サンプル中のヨウ素131/セシウム137、セシウム134/セシウム137、セシウム136/セシウム137およびテルル129m/セシウム137の平均放射能比はそれぞれ55、0.90、0.22および4.0(減衰補正は2011年3月11日)」等を報告されています。

AUTHOR(S)
Tagami K, Uchida S, Uchihori Y, Ishii N, Kitamura H, Shirakawa Y.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21906779

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移