2015年10月19日 学術論文の紹介-03 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #バンクーバー島 #キセノン133

TITLE
『Aerial measurement of radioxenon concentration off the west coast of Vancouver Island following the Fukushima reactor accident.』
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故後のバンクーバー島西沿岸における放射性キセノン濃度の大気測定」に関する論文です。著者らは「2011年3月の福島第一原子力発電所事故に対応して、Natural Resources Canada( http://www.nrcan.gc.ca/ )はバンクーバー島西沿岸部の大気中放射能濃度調査」を行った結果、「線量レベルはバックグラウンドレベルと一致していたが、キセノン133の明確なシグナルが確認された」、「測定されたスペクトルからキセノン133計数率を抽出する方法と、対応するキセノン133放射能濃度を決定する方法を開発した」、「平均キセノン133濃度は1立方メートル当たり30から70ベクレルの範囲にあった」等を報告されています。

AUTHOR(S)
Sinclair LE, Seywerd HC, Fortin R, Carson JM, Saull PR, Coyle MJ, Van Brabant RA, Buckle JL, Desjardins SM, Hall RM.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21745702

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移