2015年10月18日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #地球温暖化 #光電容積脈波 #導関数

TITLE
『Towards Investigating Global Warming Impact on Human Health Using Derivatives of Photoplethysmogram Signals.』
BRIEF
本論文は「光電容積脈波の導関数を利用した、人間の健康に対する地球温暖化の影響調査」に関する論文です。著者らは「光電容積脈波の波形は心臓血管反応に関する貴重な情報を有している事を、昨今の臨床研究は示唆している」、「しかしながら光電容積脈波の波形分析は困難であるため、研究者はフィルターを掛けた光電容積脈波の微小な変化を強調し、定量化するために一次または高次の微分を適用している」と背景を説明されて、「我々の仮説はそれぞれのまたは心拍毎の波形よりも光電容積脈波全体の分析の方が熱負荷主体を特定可能であり、結果として 人間の健康に対する地球温暖化の影響を確認できる」として、「光電容積脈波全体のエネルギーとエントロピーに基づく、熱負荷評価のための最も適切した微分次数」を調査されています。その結果、「研究結果は、20秒の記録を利用して、フィルターを掛けた光電容積脈波の7次微分のエントロピーにより71.6%の全体精度を以て熱負荷特定が期待できることを、示唆している」、「さらに加えて、フィルターを掛けた光電容積脈波の7次微分のエントロピーと逐次差分の二乗平均平方根(RMSSD、心拍変動解析の一つ)の組み合わせは88.9パーセントの精度へと熱負荷特定を向上させた」と報告されています。

AUTHOR(S)
Elgendi M, Norton I, Brearley M, Fletcher RR, Abbott D, Lovell NH, Schuurmans D.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26473907

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移