2015年10月11日 学術論文の紹介-04 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #世界版緊急時環境線量情報予測システム第2版 #誤差

TITLE
『ESTIMATION OF EARLY INTERNAL DOSES TO FUKUSHIMA RESIDENTS AFTER THE NUCLEAR DISASTER BASED ON THE ATMOSPHERIC DISPERSION SIMULATION.』
BRIEF
本論文は「大気拡散シミュレーションに基づく原子力事故後の福島の住民の初期内部被ばく線量の推定」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故時の住民の初期内部被ばく線量の推定は、人体と環境に関する測定データが限られているため
、困難な課題である」と背景を説明されて、「それ故、本論文では世界版緊急時環境線量情報予測システム第2版(WSPEEDI-II)による大気拡散シミュレーションの有効性を調査」されています。「本調査は実際の人体の測定に基づいて評価した内部被ばく線量と、WSPEEDI-IIを用いて作成したヨウ素131とセシウム137の時系列大気濃度マップを利用して算出したそれとを比較」することにより行われ、その結果、「後者による推定線量は前者の線量よりも数倍高い結果となった」と報告されています。但し「しかしながら、まもなく利用可能となる個人行動データを考慮に入れることで、この差を最小化することが可能である」と説明され、「本論文ではシミュレーションに基づく内部被ばく線量推定のためのプロトタイプシステムの開発についても説明する」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Kim E, Tani K, Kunishima N, Kurihara O, Sakai K, Akashi M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26323971

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移