2015年10月11日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #落葉 #樹幹流 #林内雨 #セシウム137

TITLE
『Estimation of radioactive 137-cesium transportation by litterfall, stemflow and throughfall in the forests of Fukushima.』
BRIEF
本論文は「福島の森林における、落葉、樹幹流および林内雨による放射性セシウムの移行の推定」に関する論文です。著者らは「2011年3月の福島第一原子力発電所事故以来、放射性核種により福島の広範囲の森林が汚染された」、「森林集水域の今後の放射性セシウム137の動態を予測するためには森林内におけるそれぞれの要因による移動を測定することが重要である」と背景を説明されて、「事故から2年、落葉、林内雨および樹幹流による林冠から林床へのセシウム137の年間移行量を推定」、「セシウム137の移行の季節変動と森林タイプによる差異も併せて検討」されています。その結果、「2つの落葉およびスギ森林における林冠から林床へのセシウム137の年間移行量は1平方メートル当たり3.9から11.0キロベクレルの範囲にあった」、「単純に落葉量の増加により、落葉の時期における落葉に伴うセシウム137の移行の増加も確認された」、「林内雨と樹幹流に伴うセシウム137の移行は雨季に増加し、スギ森林における落葉に伴うセシウム137の流動は混交落葉樹林のそれよりも高く、樹幹流についてはその反対の結果が得られた」と報告されています。

AUTHOR(S)
Endo I, Ohte N, Iseda K, Tanoi K, Hirose A, Kobayashi NI, Murakami M, Tokuchi N, Ohashi M.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26330021

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移