2015年10月10日 学術論文の紹介-01 / Introduction of Academic Paper #福島第一原子力発電所 #瓦礫除去作業 #セシウム137 #ストロンチウム90

TITLE
『Post-accident sporadic releases of airborne radionuclides from the Fukushima Daiichi nuclear power plant site.』
BRIEF
本論文は「原子力発電所事故後、福島第一原子力発電所から散発的に放出された大気中放射性核種」に関する論文です。著者らは「福島第一原子力発電所事故により日本の広範囲が直接的に大気中放射性核種で汚染された」と背景を説明されて、「週次エアフィルタ分析の結果は、福島第一原子力発電所の原子炉が安定し、長い時間を経た後にも散発的な放射性核種の放出があったことを明らかにした」、「一つの主要な放出は2013年8月に福島第一原子力発電所の北に位置するモニタリングステーションで確認された」、「その間、この過去にほとんど汚染されていないエリアの大気モニタリングステーションは突然、バックグラウンドの30倍のセシウム137濃度を記録した」、「大気中での拡散と沈着を総合シミュレーションすると、土壌中の放射性核種分析は2013年8月19日に行われた瓦礫除去作業がこの経時後の放射性核種の放出原因の可能性があることを示唆している」、「シミュレートしたプルームの中心に位置する一つの土壌サンプルは高いストロンチウム90濃度を示し、同様に高いストロンチウム90/セシウム137比率も示した」、「この2つの現象は通常、福島第一原子力発電所の極めて近傍で確認されている」等を報告されて、「これら土工作業の過程における高汚染粒子の再縣濁を通して、トータルでおよそ2.8×10^11ベクレルのセシウム137が放出されたと推定する」と結ばれています。

AUTHOR(S)
Steinhauser G, Niisoe T, Harada KH, Shozugawa K, Schneider S, Synal HA, Walther C, Christl M, Nanba K, Ishikawa H, Koizumi A.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26448161

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移