2015年10月05日 学術論文の紹介-04 / Introduction of Academic Paper #放射性セシウム #セシウム134 #セシウム137 #福島県 #表土 #心土

TITLE
Evaluation of ambient dose equivalent rates influenced by vertical and horizontal distribution of radioactive cesium in soil in Fukushima Prefecture.
BRIEF
本論文は「福島県の土壌中の放射性セシウムの鉛直および水平分布に基づく周辺線量当量率の評価」に関する論文です。著者らは「セシウム134およびセシウム137に汚染された環境中の空間線量率は、土壌のそれら汚染物質の量、深度プロファイルおよび水平分布に依存する」と背景を説明されて、「それら変数をモデル化し、地表1m地点の周辺線量当量率を分析するツールを紹介、評価」されています。その結果、「予測された線量率と福島第一原子力発電所事故由来の放射性セシウム汚染地域内の福島県で測定された線量率との間には良い相関が確認された」、「この結果は、放射能深度分布のモデル化において土層の放射能測定によるものか、または観測データへの指数および双曲線正割分布のフィッティングによるものかに無関係であった」、「複数の土壌サンプルが利用可能である場合、エリアを横断する放射性セシウム水平分布のモデル化により-空間的に均一な汚染分布を推定する場合とは反対に-より良い予測が得られた」、「福島県の不攪乱土壌の空間線量率に見られる低減は、放射性崩壊とセシウムの下方移行による低減と間に矛盾は見られない」、「農用地土壌の改善計画の分析からは表土の除去と表層土と下層土の置き換えは同程度の空間線量率低減効果であることが確認された」等を報告され、「それら2つの方法は耕作地を反転させて表層土を混合させるよりも効果的である」と結ばれています。
AUTHOR(S)
Malins A, Kurikami H, Nakama S, Saito T, Okumura M, Machida M, Kitamura A.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26408835

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移