2015年10月05日 学術論文の紹介-02 / Introduction of Academic Paper #放射性セシウム #セシウム134 #ヨウ素131 #福島第一原子力発電所 #総放出量 #サル #蝶 #アブラムシ

TITLE
An overview of current knowledge concerning the health and environmental consequences of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP) accident.
AUTHOR(S)
Aliyu AS, Evangeliou N, Mousseau TA, Wu J, Ramli AT.
URL
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26425805
BRIEF
本論文は「福島第一原子力発電所事故による健康と環境への影響に関する現状の概観」に関する論文です。著者らは「2011年以来、科学者は福島第一原子力発電所事故で放出された放射性核種の正確な移行と沈着パターンの特定に注力してきた」、「にもかかわらず、それら放射性核種の健康と環境に対する影響について多くの未解明な問題がある」と背景を説明されて、「放出された放射性核種と環境の相互作用そして人類および人類以外の生物相への影響の現状認識をレビュー」されています。著者らは「現在までの論文を精査し、福島第一原子力発電所事故後の観測記録とアセスメントモデルを解釈」、「最終的に環境プロセスのトレーサーとして利用できる放射性核種の動態と応用について検討」、「福島第一原子力発電所事故由来のセシウム137とヨウ素131に注目」されて、「公表された推定は、総量12-36.7ペタベクレルのセシウム137と総量150-160ペタベクレルのヨウ素131の放出を示唆している」、「福島第一原子力発電所事故を原因とする最大推定死亡率(全ての原因において)は10000、そして最大生涯がん死亡率と罹患率はそれぞれ1500と1800」、「福島の森林における植物と動物に関して放射能被ばくの生理学的、発育上的、形態学的そして行動的帰結が記録されている」、「確認されたいくつかの影響を列挙すると、福島のサルにおける血液学的異常、蝶における遺伝的・発育的そして形態学的異常、鳥・蝶そしてセミの個体数減少、樹木の発育異常そしてアブラムシの形態学的異常である」等を報告し、「得られた知見は生物保全の観点から検討された」と結ばれています。

事項
1.arXiv( http://arxiv.org/ ),PubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed ),SSRN( http://www.ssrn.com/en/ )等から論文を紹介します。
2.表中、”BRIEF”欄の文責はアセット・マネジメント・コンサルティング株式会社にあります。
3.Abstractから論文の概要を紹介します。

2017年04月05日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月29日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年03月22日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年02月02日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月26日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2017年01月20日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移