2014年2月分(速報値)のサービス産業動向調査

2014年4月30日、2014年2月分(速報値)のサービス産業動向調査が公表されました。

そこで産業別の事業所・企業等数、事業従事者数および売上高についてそれぞれを降順に並べ替えたうえで比較して確認してみましょう。

図1は事業所・企業等数について降順に並べ替えたグラフです。飲食店数はサービス産業全事業所・企業等数(2,748,246)のうち約23%を占めていることが確認できます。

図2は事業従事者数について降順に並べ替えたグラフです。飲食店従事者はサービス産業全従事者数(28,361,100人)のうち約15%を占めていることが確認できます。

図3は売上高について降順に並べ替えたグラフです。医療業の2014年2月の売上高(約2.7兆円)は全サービス産業の2014年2月の売上高(約28兆円)の約10%を占めていることが確認できます。

図4は売上高を事業従事者数で除した一人当たり売上高について降順に並べ替えたグラフです。なおサービス産業計の売上高をその従事者総数で除した一人当たり売上高は約98万円です。

参考・引用文献
http://www.stat.go.jp/data/mssi/kekka.htm


図1 サービス産業:事業所・企業等数:2014年2月:データ出所:総務省

図2 サービス産業:事業総従事者数:総数(人):2014年2月:データ出所:総務省

図3 サービス産業:売上高(百万円):2014年2月:データ出所:総務省

図4 サービス産業:一人当たり売上高(万円):2014年2月:データ出所:総務省